留学・ワーホリ初心者にオススメの都市は?

オーストラリアに留学やワーホリをするなら、絶対に行って欲しい場所があります!!

 

それは、ゴールドコーストです!!!

 

 

ゴールドコーストって、どこ?って人が多いと思いますが、ゴールドはオーストラリアの東側にあります。

 

ゴールドコーストはどんなところ?

 

f:id:tommi14:20190903124935j:image

 

まずはゴールドコーストの基本情報をお伝えしましょう!

〈天気〉

一年を通して晴れの日が多く、朗らかな気候。冬でも最高気温は21度あります。夏場も日差しは暑いですが、風はカラッとしていて日本の夏よりも気持ちよく過ごすことができます。ただし、日本とは季節が逆になります。

〈日本との飛行時間〉

日本からの飛行時間は、直行便で9時間となります。格安航空のジェットスターが就航しています。

〈日本との時差〉

日本とは時差がありますが、1時間になります。ゴールドコーストがあるQLD州にはサマータイムがありませんが、シドニーがあるNSW州ではサマータイムがあります。

〈通貨〉

オーストラリアドルという、オーストラリアで流通してるドル紙幣になります。アメリカのドルとは通貨の価値が異なります。

〈チップ文化〉

海外に出ると意外と困るのがチップの習慣です。国によって、チップの割合も異なるので厄介なものですが、幸いオーストラリアにはチップの文化はありません。

〈圧力〉

電圧は240と高く、コンセントプラグはOタイプになっています。日本から電化製品を持っていく際は、気をつけましょう。コンセントプラグは現地のお店でも購入することができます。

 

ゴールドコーストの魅力

 

ゴールドコーストには、見どころポイントがたくさんあります。一度行くとやみつきになるような、愛され都市です。どんなところがオススメポイントなのか、これから紹介していきたいと思います!

〈陽気な人柄〉

ゴールドコーストだけでなくオーストラリア全土で言えることですが、特にゴールドコーストはビーチが有名な街なだけあって、陽気な人が多いです。朝、道を歩いていると「Morning!」と声をかけられたり、スケートボーダーからハイタッチを求められたりします。でも皆んな決して怪しい人なわけではありません。心からハッピーな時間を皆と共有したいと思っているのです。

〈日本人が多い〉

これはデメリットと捉える場合もありますが、日本人が多いので始めての留学やワーホリにはオススメです。日本語が話せる通訳のいる病院があったり、銀行員に日本人がいたりと、英語に自信がない人でも安心して生活できます。また、日本人向けの仕事もあるので、資金調達にも困ることはありません。

〈オーストラリアらしさを味わえる〉

オーストラリアのイメージといえば、ビーチ、コアラ、イケメンサーファーにブロンド美女といったところでしょうか?実はオーストラリアの都市は千差万別。例えばメルボルンなんかは、ビーチがないヨーロッパのようなオシャレ都市です。また、イギリス系だけでなくアジア系移民が多いのもオーストラリアの特徴の一つ。特に大都市ではアジア人がたくさんいます。

ゴールドコーストは、サーファーズパラダイスという街があるほど、ビーチの街。コアラと触れ合える動物園もありますし、少し街中を離れると、オシャレなカフェやショップを見つけることも出来ます。イギリス系のオーストラリア人も多く住んでおり、オーストラリアの文化を味わうことが出来ます。

 

まとめ

いかがでしょうか?ゴールドコーストは、始めての留学・ワーホリをする人にオススメの街です。

ゴールドコーストの魅力はこの他にもまだまだたくさんあります。今度はゆっくり、ゴールドコーストのオススメスポットについてまとめていきたいと思います。