1年間のオーストラリアワーホリにかかる費用は?!

ワーキングホリデーで海外に行くとき、どれくらいの費用がかかるのか気になりますよね。今回は、1年間ワーホリをした場合にかかる費用について説明していきたいと思います。

 

 

海外生活では、学校に支払う費用や、航空券、現地での生活費も必要になります。

海外留学やワーキングホリデーに行く際には、数百万円かかると聞いたことはありませんか?

海外に住むためには、まとまったお金が必要です。

 

でも実際にいくらかかるか分からなければ、今ある自分の貯金だけでも行くことが出来るのかどうかさえ分かりませんよね。

 

 

支出総額

 

1年間のワーホリでかかる費用の総額を打ち出すと以下のようになります。

 

・航空券:10万〜15万円

海外旅行保険:20万円

・ビザ:3万5千円

・学費(3ヶ月):35万円

・宿泊費:60万円〜80万円

・食費:60万

・生活費/交通費:50万円

ーーーーーーーーーーーーーー

小計:249〜274万円

 

 

アルバイト収入

 

ワーホリで滞在する場合、現地でアルバイトをすることになります。向こうで収入が発生しますので、ワーホリにかかる費用を抑えることが可能。

また、週の労働時間が決められてしまう学生ビザに比べ、ワーキングホリデービザは時間の制限なく就労できます。

 

・アルバイト収入:180万

 

これは月20万の収入で、語学学校を卒業してからの7ヶ月働いた場合の金額です。

 

オーストラリアの時給

 

ローカルジョブと呼ばれる現地の仕事だと時給20〜23ドル程度、ローカルではないバイトだと15ドル程度のところが多いです。

本来は、労働基準法に従い時給を設定しなければならないのですが、そうでないところも多数あります。ローカル基準の職場では、制度が整っていて時給が高い分、年金などのTaxもしっかりと持っていかれます。ただこの場合、ワーホリビザ保持者ならTaxReturnという確定申告をすれば払いすぎた税金が返ってきますのでご安心を。

 

土日祝日は時給アップ

 

オーストラリアでは、基本的に土日祝日は働かないのが当たり前。オージーはプライベートの時間をとてもに大切にします。

そのため、土日祝日に勤務する場合、時給アップという特典があります。職場によって異なりますが、土日は1.5倍、祝日は2倍になることが多いです。

 

ファームは稼げる

 

オーストラリアでは、「ファーム」と呼ばれる、農業の仕事が豊富。レタスやバナナなど野菜や果物を収穫するお仕事になります。ファームはオーストラリアのシティから離れた田舎町にあることが多く、普段は仕事しかすることがないので、お金を貯めやすい環境です。

 

オーストラリアのワーホリは出費がかさむイメージがありますが、ファームの仕事で100万円貯めたという人もいます。

 

 

合計

 

収入と支出の合計を出すと、以下のようになります。

 

総支出(249〜274万円)➖収入(180万円)

合計:69万円〜94万円

 

現地で仕事をすると、支出を半分以下に抑えることができます。

 

 

節約しよう

 

支出を減らすためにできる節約術は、いくつかあります。

 

出費の原因 

 

出費の元になってしまう原因をできるだけ減らしましょう。

 

・パーティー

オーストラリアはバーベキュー文化。海沿いや公園に無理のバーベキュースペースがあります。食品や飲み物を持ち寄るパーティー形式であることがほとんどなので1回のバーベキューで20〜50ドル程かかります。

・外食

外食は日本より高いです。日本ではワンコインランチがあったり、コンビニで100円のおにぎりが買えますが、オーストラリアでは1回の外食で20ドルは超えてきます。だいたい、カフェのブランチで一人当たり25ドル〜30ドル、レストランでの夕飯では30〜50ドル。お酒をたくさん飲んだりすればもっと費用はかさみます。

・家の条件

シティに寄れば寄るほど、一部屋あたりの人数が減れば減るほど値段は上がります。

例えば、シドニーメルボルンより、ゴールドコーストブリスベンの方が家賃が安いです。またさらに、シドニーの中でも、タウンホール駅周辺など街中は高く電車で10〜20分くらい離れると少しずつ安くなっていきます。

少し郊外の2〜3人でのシェアルームなら120〜150ドル程度オウンルームと呼ばれる1人部屋だと170〜200ドル程度。

・学校の期間

学校に行く期間は最長4ヶ月までOK。短い人だと2〜3週間で終わりにする人もいます。語学学校の費用は月10万円程度かかり、入学金もありますので意外と大きな出費になります。

また、学校の寮やホームステイを利用するとそれもまた月10万円くらいかかってしまうので、出来るだけ早くシェアハウスに移動すると出費を抑えることができます。

 

他に出来ること

 

出費の原因を抑えたら、後は心がけ次第でできることをやっていきましょう。

ローカルジョブを見つける

アルバイト収入の見出しでも触れた通り、現地の就労基準に基づいた職場は時給が高く土日祝日の時期アップも行なっています。ローカルジョブをゲットするのは難しいと言われていますが、日系の職場でもしっかりとローカル基準を採用している職場もあります。応募する前に、メールや電話で問い合わせてみるのがオススメ。

・土日祝日に進んで働く

皆んなが働きたくないときに、進んで仕事をすると大きなメリットがあります。また、時期が上がるときに仕事をもらえるよう、日頃から雇用主との信頼関係を築いておくことも大事。

・掛け持ちもOK

職場の関係で、就労時間が短い場合や、週に2〜3日しか入れないということもあります。上手く時間を見つけて働くことで自由時間に無駄な出費をしてしまうリスクを抑えることができます。オーストラリアでは掛け持ちで仕事をしているワーホリ勢はたくさんいます。

・自炊する

余裕のあるときは自炊をするのもオススメ。日本のように1人用の小さな食材などはなく、基本、超でっかいファミリーパックです。ファミリーパックを購入し、シェアハウスの友達と分け合うとお互いに食品を無駄にすることもなく、さらに食費を抑えられるので一石二鳥。

・賄い付きのレストランでバイトする

賄い付きのレストランに勤めると食費を抑えられるメリットがあります。食費が出費の大部分を占めてしまう人には特にオススメです。日本食レストランはオーストラリアにもたくさんあるので募集も多いです。一度働いてみるのもアリ。

 

 

まとめ

 

出費総額が250〜300万円近いことに驚きました。ワーホリは留学ほど費用はかからないと思っていましたが、やはり海外で生活をするためには大きなお金が必要なんですね。

ただ、ワーキングホリデービザなら時間に制限なく働くことができるので、20〜30万だけ持ってきて、学校には行かずすぐに働き始める人も意外とたくさんいます。

手持ちの資金と、現地での目標など、自分に合わせたワーキングホリデーができると良いですね。