オーストラリアの銀行口座開設方法!

f:id:tommi14:20191030102426j:image
 
オーストラリアに長期で滞在するなら、現地の銀行口座の開設は必須。特に、ワーキングホリデーの方は現地で働くことになるので、必ず作りましょう。

 

 

 

オーストラリアにある銀行の種類

 

日本には、地方銀行や信用金庫を含めると数え切れないほど、たくさんの銀行がありますよね。オーストラリアにも何個か銀行がありますが、そう多くはありません。

基本的に、以下の4大銀行がほとんどのシェアを占めています。

 

Common wealth

 
黄色に黒字がCommon wealth(コモンウェルス)です。オーストラリアで有名なメガバンク。ATMの数はオーストラリアで1番多いと言われている大手銀行です。

 

ANZ

 

オーストラリアといえばANZ!オーストラリアとニュージーランドの提携会社です。水色のマークがANZで、どこに行っても必ずある1番有名な銀行。日本で言えばUFJですかね。

 

NAB

 

ゴールドコーストには日本人スタッフがいる支店もあります。黒とピンクがイメージカラー。ANZコモンウェルスほどではありませんが、支店も多く安心して使用できます。

 

West Pack

 

4大銀行のうちの一つ。ワーキングホリデーや留学生が使っているイメージはあまりないですが、オーストラリア国民にはメジャーな銀行です。

 

開設方法

 

f:id:tommi14:20191030102457j:image

 

銀行口座は意外と簡単に作ることができます。
必要な持ち物などがありますので、確認しましょう。

 

持ち物

・TAXファイルナンバー、学生証
・ビザ
・オーストラリアの住所
・パスポート
・現金(20〜50ドル程度の少額でもOK)

 

 

銀行口座口座開設の手順


① まずは銀行に行きましょう。窓口か、インフォメーションコーナーに行き、開設したいことを伝えます。


「I’d like to open my Bank Account」でOK!
 
② パスポートやTAXファイルナンバー、オーストラリアの住所など、身分確認出来るものの提出を求められます。バイト先の情報を求められることもありますので、分かるものを持って行くと安心です。

 

普通預金口座を作る人がほとんど。オーストラリアではSavingが普通預金口座です。
 
③ 口座の情報をプリントした紙にサインをして完了です。
人によっては、PINナンバーの変更を一緒にしてくれたり、ネットバンクの使い方を教えてくれたりもします。
 
④ 発行されたキャッシュカードを大切に保管しましょう。
 
 

キャッシュカードについて

 

f:id:tommi14:20191030102519j:image

 

オーストラリアの銀行から発行されるキャッシュカードは、デビッド機能付きのキャッシュカードが基本なので、落とさないように気をつけましょう。
 
デビッド機能付きカードは、銀行口座に入っている分の金額までは使用できるようになっています。クレジットカードとは違い、口座に十分な残高がなければ、残高以上のものは購入出来ません。


また、使ったその時にすぐに支払いが行われるのも大きな特徴ですから、クレジットカードより、SuicaICOCAなどのICカードに似ているかもしれませんね。
 

口座の使い方

 

f:id:tommi14:20191030102536j:image


ATMの使い方はとっても簡単です。
 
① カードを差し込みます。

② PINナンバーを求められますので、暗証番号を入力しましょう。

③ 何をするか聞かれます。以下の中から選びましょう。(今回は、お金をおろす時の流れを確認することにしますので、withdrawlを選択したことにします!)

・Withdrawl…引き出し

・Balance…残高照会

・Transfer…お振込み

・Deposit…預け入れ

④ Savingかchecking、credit card、other cardを選択する画面が出て来ますので、Savingを選択しましょう。オーストラリアではSavingが「普通預金」です。
⑤ 何ドル下すか聞かれますので、必要な分の金額ボタンを押すか、入力画面に金額を打ち込みましょう。
⑥ Would you like a receipt for this transaction?と出てきます。レシートが必要か聞かれていますので、必要ならYes、不要ならNoを選びましょう。

⑦ Would you like another transaction?と出てきます。他に必要な作業があるか聞かれていますので、あるならyes、ないならnoを。
 

日本のカードも使えるの?

 
キャッシング機能のあるカードならば、海外でお金の引き落としができます。ATMに、VISAマークやMasterマークがあれば、同じ会社のものなら使用できます。銀行により手数料は異なりますが、2ドルくらいかかってしまいますので、少しずつ下すのではある程度まとめておろすことをオススメします。
 

 

気を付けたいこと

 

ATMはできるだけ銀行店舗のものを使う


銀行のものではないATMも街中にはあります。もちろん普通にお金がおろせるものですが、イタズラされてスキミングに合う可能性もあります。
ATMにカードが吸い込まれたまま出てこないこともありますので、ATMに異常がないか、確認すると共に、大きいお金は窓口でやりとりする、いつも使うATMを使うなど、自ら心がけることが大切です。

 

通帳がない

 

基本的に通帳がないため、アプリで確認します。お金の動きの確認や、支払いなどもネット上で簡単に出来ます。最初は不安に感じるかも知れませんが、慣れてしまえば非常に便利。

 

嬉しいプチ情報

 

f:id:tommi14:20191030102608j:image

 

銀行の支店、ATMによっては、まれに日本語表示のある機械もあります。また、窓口に日本人スタッフ常駐の店舗もあります。

日本人が多い地域「ゴールドコースト」は特にその傾向が強いです。

 

英語を使うのに慣れていない場合や、英語力に不安がある場合には日本人スタッフがいる支店で口座を作るのもオススメです。

 

案内係の人に、「Do you have Japanese Speaker?」とストレートに聞いてみてもOK。またはインフォメーションコーナーに「日本人スタッフがいます」と書かれた冊子が入っていてさりげなくアピールしている店舗もありますので、チェックしてみて下さい。

 

関連記事

 

www.tomy-cc.com